よかしゃん研究会のご案内
HOME 

「よかしゃん」の命名と「よかしゃん」に込めた思い(配布リーフレットの記載と情意ですが)

よか:おもに北部九州で使われて使われていますが,九州一円にも広がっており「良い」という意味で使われることが多いとされています.
しゃん(schon:ドイツ語でoはumlautが付きます) 辞書(ウイクショナリー日本語版)によると,
1.美しい 綺麗な 2.芸術的な 3.芸術的な 4.多量の おびただしい. とされています.

「よかしゃん」の命名は,馬場保昌先生の出生地である九州の「良い」とドイツ語の「美しい,綺麗な」とを組み合わせた造語です.その命名どおり「よか・しゃん」な画像を目指す研究会です.

「よかしゃん研究会」は,馬場保昌先生が指導されている,馬場塾・東京胃会・東京Jr胃会の合同の開催です.第一回の「よかしゃん研究会」となりますが,是非足をお運びください.