馬場塾HOME
絶賛発売中
ベクトル・コア社 「胃癌X線診断の究極」出版のお知らせ
2016年12月22日
ベクトル・コア社 http://www.v-core.co.jp/contents/?post_type=hon&p=8503から
 馬場保昌先生・吉田諭史先生編著の「胃癌X線診断の究極」が出版されました.
 全国19施設からの250余の症例の中から厳選した100例と追加厳選された61例もの症例を詳細な解説を付記して,X線的な良悪性判定の基本所見として,正常粘膜像からの肉眼的な形態の“かけ離れの程度”を“肉眼的異型度” と定義し,これを指標に異常像を5つの群に類別(カテゴリー分類)し・・・・.

 この本の特徴は,新撮影法ではどのような病変がどのように描出され,そしてどのように読影されているか,実際に発見された病変のX線像,肉眼像,組織所見などについて知ることができるよう工夫されています.
 医師・技師,初心者・熟練者を問わず,是非書店でお手にとって,この本の神髄をご覧ください.

発見例100例に見る「胃癌X線診断の究極」 馬場 保昌/吉田 諭史 編著
定価(本体8,500円+税) B5版/460頁