第一条
名称
本会の名称を“馬場塾”とする.
第二条
目的
上部消化管の撮影技術の向上とX線診断学の資質向上をはかり,医学の発展と国民の福祉向上に寄与することを目的とする.
第三条
会員
本会の会員は本会の目的に賛同するものとする.
会員は一般塾生と賛助塾生並びにHP塾生で構成される.
会員において本会の名誉を著しく傷つけ,また本会の目的に反する行為が認められた場合には世話人会において会員資格を喪失させる.
第四条
運営
1)本会は会費並びに協賛メーカーの支援をもって運営される.
2)本会の開催は原則として月一回とする.
第五条
世話人
本会の運営を円滑に行うため,次の役員をおく.
1)代表世話人  一名
2)世話人    若干名
3)監査     若干名

世話人は,会員のうち会費を納入している一般塾生の互選により選出される.
世話人は,世話人会を構成する.
第六条
役員選出
代表世話人,監査は世話人の互選により選出し,世話人会の承認される.
役員の任期は3年とし,再任,重任は妨げない.
役員に欠員が出た場合には世話人会の議を経て定める.
第七条
世話人会
世話人会は代表世話人が招集し,議長となる.
世話人会は原則として年度末に年1回開催され,他に必要に応じ開催出来ることとする.
世話人会は本会の会務遂行に必要な事項を審議し,出席者の過半数以上の賛同による議決で決定する
第八条
指導委員
学術的指導を目的に,次の指導委員をおく.
1)指導医師  若干名
2)指導技師  若干名
第九条
会計
会計報告は,年度末に世話人会で報告し承認を得る.
第十条
会費
年会費は以下の如くとする.
塾生    ¥10,000(年額)
HP塾生   ¥ 3,000(年額)
(何れも,入会日によらず有効期間1月1日〜12月31日とする)
visitor参加 ¥ 1,500(一回参加ごと)
(visitor参加から塾生に移行する場合は,年会費からその年の参加回数の合計金額を減じた金額とする)
協賛塾生 協賛メーカー関係者に限っては,参加費を免除する.
第十一条
事務局
事務局は馬場塾におく.
〒-101-0052
東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 7F G.I.Lab株式会社内
TEL:03-5283-0981 FAX:03-5283-0982 http://www.babajuku.com
第十二条
会則の変更
本会則の変更は,世話人会の過半数の同意を得なければならない.
役員
  1)世話人代表 一名
    浅田栄一  (医療法人社団 進興会 オーバルコート健診クリニック)
  2)世話人  若干名
    松本史樹  (医療法人社団 進興会 立川北口健診館)
    佐藤清二  (公益財団法人 東京都予防医学協会 保健会館クリニック)
    富樫聖子  (公益財団法人 東京都予防医学協会 保健会館クリニック)
    中村祐次郎 (慶應義塾大学附属病院)
    木村俊雄  (公益財団法人 神奈川予防医学協会 中央診療所)
    工藤 泰  (公益財団法人 早期胃癌検診協会 付属茅場町クリニック)
    宮崎武士  (医療法人社団 進興会 立川北口健診館)
    岡田義和  (医療法人社団 進興会 オーバルコート健診クリニック)
    梶本昌志  (三菱東京UFJ銀行健康管理センター)
    安藤健一  (東京勤労者医療会東葛病院)

  3)指導委員
  医師
    馬場保昌 (医療法人社団 進興会 オーバルコート健診クリニック)
    杉野吉則 (慶應義塾大学病院)
    吉田諭史 (慶應義塾大学病院 予防医療センター)
    冨松久信 (一般財団法人 労働衛生協会)
    剛崎寛徳 (全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院)
    山里哲朗 (東京都がん検診センター)
  技師
    松本史樹 (医療法人社団 進興会 立川北口健診館)
    浅田栄一 (医療法人社団 進興会 オーバルコート健診クリニック)
  4)監査
    友納 真 (サトウ商会)

具体的な運営方針
基本的に年会費制であるが,visitorとして参加費を納めれば自由に参加できる.

本会は医師,放射線技師等を中心とした上部消化管の撮影技術・診断の勉強会である.
原則として毎月一回第一火曜日(午後6時30分から)症例検討会を行う.
症例検討方法は,選択した1枚の画像を元に馬場塾の所見記入用紙に記載する.その後読影検討を進める.
内視鏡写真は専門医が読影または専門医・塾長の指導のもと技師も読影する.マクロ(新鮮標本・固定標本)も指導のもと技師が読影する.ミクロ(病理組織標本)も同じく,専門医・塾長の指導もと技師が解説する.

症例は内視鏡的あるいは外科的手術切除された症例で病理組織の検討が可能なものとする.
但し,塾生あるいはそれに準ずる施設の者が,日常の検査での発見例を持ち込み,診断あるいは撮影法の指導を乞う場合はそれを認める.

2001年4月1日
2005年12月5日一部改則
2006年7月21日一部改則
2008年2月14日一部改則
2009年12月17日一部改則
2011年3月28日一部改則
2013年7月1日一部改則
2013年11月1日一部改則
2014年3月20日一部改則
2014年7月15日一部改則
2017年3月28日一部改則